第61回日本呼吸器学会中国・四国地方会/第58回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会
事務局

第61回日本呼吸器学会
中国・四国地方会

徳島大学大学院医歯薬学研究部
呼吸器・膠原病内科学分野
TEL:(088)633-7127
E-mail :jrs.jlcs.cs2019@gmail.com

第58回日本肺癌学会
中国・四国支部学術集会

徳島大学大学院医歯薬学研究部
胸部・内分泌・腫瘍外科学分野
TEL:(088)633-7143
E-mail :jrs.jlcs.cs2019@gmail.com

運営事務局

株式会社 歳時記屋
〒780-0072 高知市杉井流19-2
TEL:(088)882-0333
FAX:(088)882-0322
E-mail :office@jrs-jlcs-cs2019.com

会長挨拶

第61回日本呼吸器学会中国・四国地方会

この度、第61回日本呼吸器学会中国・四国地方会を2019年7月14日(日)、15日(月)に徳島市で開催させていただくこととなり、大変光栄に存じます。

徳島市での開催は、2010年以来9年ぶりになります。その間、呼吸器病学の進歩は目覚ましく、難治性喘息に対する抗IL-5(受容体)抗体、特発性肺線維症(IPF)に対する抗線維化薬や肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発など、画期的な新薬が開発されています。同時に2017、2018年には日本呼吸器学会から喘息、COPD、ACO、肺炎、IPF、難治性びまん性肺疾患、間質性肺癌合併肺癌などに対する新たな診療ガイドラインや手引きが出版され、呼吸器診療のupdateも急速に進んでいます。

一方で超高齢化社会を迎え呼吸器疾患が増加の一途をたどる中、呼吸器科医のニーズが益々高まっているのが現状です。新たな呼吸器診療を担う呼吸器科医育成が今後の大きな課題の一つであり、新たな専門研修プログラムによる若手育成と男女共同参画による診療現場の充実が求められています。

このような状況を踏まえ、第61回の中国・四国地方会では、若手呼吸器科医や研修医を対象とした企画に加え、最新の呼吸器病学を取り巻く現状が効率よく把握できるように準備を進めたいと思います。また、会員の先生方の交流の場となるよう楽しい懇親会も予定しています。

多数の方々のお越しをお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

第61回日本呼吸器学会中国・四国地方会
会長 西岡 安彦
徳島大学大学院医歯薬学研究部 呼吸器・膠原病内科学分野 教授

第58回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会

この度、第58回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会を2019年7月14(日)、15日(月)に徳島で開催させていただくことになり、大変光栄に存じます。

肺癌の診断治療の最近の進歩は、目覚ましいもの-minimal invasive procedure、precision medicine、immune checkpoint inhibitor-があります。minimal invasive procedureでは、中心型肺癌に対する蛍光気管支鏡、光線力学的治療(PDT)、末梢型肺癌に対するヘリカルCT、virtual気管支鏡、ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法、CTガイド気管支鏡、低侵襲手術として、胸腔鏡下肺葉切除(VATS)、ロボット支援手術(RATS)が発達しています。precision medicineとして、driver遺伝子の検索と治療効果のある分子標的薬剤の選択が注目を浴びています。さらに、immune checkpoint inhibitor(ICI)では、他の治療法との併用-殺細胞性抗癌剤、放射線治療、手術などが研究されています。こうした最新の診断治療法を実地医療の中に取り入れていく段階に入っていると思われます。

徳島は海あり山ありで、美味しいものを食べながら、鳴門の渦潮や鳴門大橋、大塚国際美術館、阿波踊りなど大変面白い催しや風景を見ながら、リラックスして、最新の医療を語り合いましょう。

この機会に参加ご施設の皆さまの交流の場をもっていただければ幸甚です。多数の皆さまのお越しをお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

第58回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会
会長 近藤 和也
徳島大学大学院医歯薬学研究部 臨床腫瘍医療学分野 教授